パティシエ科

パティシエ科

パティシエ科

パティシエ科

和洋スイーツ専攻

2年制 9:00〜14:40

製菓衛生師を取得して、
洋菓子・和菓子の両方を作れる
パティシエを目指します。

パティシエ科の強み

技術×理論

和菓子と洋菓子の基本を、
実習と座学を通じてしっかり身につける

1年次で和菓子と洋菓子の基本を、実習と座学を通じてしっかり身につけます。
2年次はアレンジ力を磨き、和洋のスイーツづくりから店舗での販売まで挑戦します。

洋菓子

洋菓子

和菓子

和菓子

製パン

製パン

洋菓子応用

洋菓子応用

和菓子応用

和菓子応用

和洋創作

和洋創作

在学中に国家資格「製菓衛生師」を取得

実習を通じて体で覚えた技術は、知識を得ることでさらに自分の力になります。パティシエ科では在学中に国家資格「製菓衛生師」取得を目指します。受験に向けてたくさんのサポートがあるので安心してください。
※万が一不合格になった場合は試験に合格するまで無料で補習などを行いサポートします。

合格率96% 平成29年度

製菓衛生師取得のメリット

アレンジ力(和洋製菓実習)

和菓子と洋菓子を両方学び、
和洋アレンジ力を身につける!

和洋アレンジ力

赤堀×企業コラボはこちら

和の企業とコラボしたパティスリーOPEN!

企業からいただいた課題にチャレンジし、
アレンジスイーツを提案・販売します。

パティスリーAKAHORI

1年次前期

パティスリーAKAHORI

入学してから学んだ基礎をもとにパティスリーAKAHORIで腕試し!

1年次後期

パティスリーAKAHORI

和・洋の基礎力の成果を披露しながら接客サービスもスキルアップ!

2年次前期

パティスリーAKAHORI

授業の課題のグランドメニューとともに、企業の課題に応えるコラボメニューを企業様にプレゼンいたします!

2年次後期

パティスリーAKAHORI

授業の課題のグランドメニューとともに、前回よりレベルの高い企業の課題に応えるコラボメニューを開発&お客様へ販売します!

めざす資格

  • ・製菓衛生師(国家資格)(必須)
  • ・おもてなし検定(必修)
  • ・サービス接遇検定(必修)
  • ・商業ラッピング検定3級(選択)
  • ・ビジュアルフードクリエイター(選択)

めざす職業

  • ・和洋創作パティシエ
  • ・和菓子職人
  • ・パティシエ(洋菓子職人)
  • ・ブーランジェ(パン職人)
  • ・ショコラティエ(チョコレート職人)
  • ・ヴァンドゥーズ(洋菓子専門販売員)

時間割例

1年次

※時間割は横にスクロールできます。

1時限目
9:00~10:40
洋菓子実習 和菓子実習 食品学 社会 キャリア演習
2時限目
10:50~12:30
洋菓子実習 和菓子実習 栄養学 衛生法規 製菓理論
お昼休み
3時限目
13:00~14:40
洋菓子実習 和菓子実習 公衆衛生学 食品衛生学 製菓理論
自主練習TIME

※時間割例 座学 実習

2年次

※時間割は横にスクロールできます。

1時限目
9:00~10:40
国家試験対策 キャリア演習 製菓実習 和洋製菓実習 企業コラボ
実習
2時限目
10:50~12:30
フランス語 おもてなし
検定
製菓実習 和洋製菓実習 企業コラボ
実習
お昼休み
3時限目
13:00~14:40
ラッピング 情報技術 製菓実習 和洋製菓実習 企業コラボ
実習
自主練習TIME

※時間割例 座学 実習

菅野さん

和洋スイーツを作れる私の存在が、就職先の強みとなることが目標

もともと和菓子と洋菓子、両方好きだったので、両方学べる赤堀製菓のパティシエ科を選びました。小さいころ、私の母がクッキーを作るところを見て、小麦粉や牛乳が混ざり合ってスイーツになることが面白くてお菓子作りに興味を持ち始めました。赤堀製菓では、お菓子を作る仕組みを勉強したあとすぐに、実習できるのが刺激的です。就職先の製菓企業で、私の和洋アレンジの考え方を活かして看板メニューを作ることが今の目標です。

こちらのページもCheck!!