【パティシエ科】 クロワッサン

作成日:2018年10月26日|カテゴリー:授業・実習, 未分類

みなさまこんにちは

実習アシスタント 野口 未来です

 

今回ご紹介するのは、

パティシエ科1年生の授業です

 

クロワッサンを作りました

IMG_6865
 

 

クロワッサンとパイとの最大のちがいは、

生地を醗酵させるか、させないか…

 

バターが溶けないように注意するのはもちろんですが

さらにイーストが醗酵を始めないように

すばやく生地を織り込んでいかなくてはいけません

 

手で触る時間は最小限でおさえます

IMG_6858

伸したものを、二等辺三角形にカットし

巻いていけば、クロワッサンの形です

IMG_6859

 

 

ちなみにクロワッサンとは三日月を意味します

この形の由来にも色々とあるそうですが…

例えば、17世紀のウィーンにて、

早朝、トルコ軍の侵入に気づいたパン職人が

軍隊に知らせて、攻撃を防ぐことができたことから

トルコの象徴である三日月をかたどったパンが作られるようになった

 

というような説があるんですよ

 

焼成時間は220度

醗酵終了後、高温でさっくりと焼き上げます

 

出来上がり

IMG_6865

 

さらにこの生地をマスターできれば

レーズンを巻いた、パンオレザン

IMG_6867

チョコレートを入れたパンオショコラ

IMG_6866

 

 

 

クリームとフルーツを乗せたデニッシュペストリー

ナッツとお酒の香りのデニッシュ…

色々なものが出来てしまいます

 

久々のパンの授業が楽しかったようで、

授業後の学生のテンションも最高潮

IMG_6872

とっても盛り上がっていました

 

 

次回の授業もとっても楽しいので、みなさん期待していてくださいね

 

実習アシスタント 野口未来


  • 交通アクセス
  • 資料請求