ガレット・デ・ロワ

作成日:2019年01月18日|カテゴリー:授業・実習

みなさまこんにちは

実習アシスタント 野口未来です

 

今回はパティシエ科1年生の製菓実習より

ガレット・デ・ロワをお届け致します

IMG_9092

 

日本のお正月では、御節やお餅をたべますが

フランスではガレット・デ・ロワを食べる文化があります

 

この、ガレット・デ・ロワですが

フランスの地方によって少しずつ文化が異なります

最も一般的なのは紙で出来た王冠が載った折パイに

アーモンドクリームが入ったもので、

中にはフェーブと呼ばれる

陶器の小さな人形が一つ入っています

IMG_9073

1月6日に家族みんなで切り分けて食べ

フェーブがあたった人は王冠を被りみんなから祝福を受け、

1年間幸せにすごせるそうです

 

元々フェーブは本物のソラマメを乾燥させて使用していたそうですが

1870年に陶器のものになったそうですよ

 

約150年前に陶器になったという記録はのこっているのですが、

ガレット・デ・ロワの正確な発祥は未だ解明していません

とっても歴史のあるお菓子なのです

 

ガレット・デ・ロワの表面には様々な模様が描かれます

矢羽模様…麦の穂

渦巻き…太陽

ひまわり…格子模様

月桂樹や四葉のクローバー…葉

IMG_9082

 

五穀豊穣や安全祈願

栄光勝利、子孫繁栄など

 

新しい年に祈りをこめて頂く

とてもめでたいお菓子なのです

 

 

焼きあがってみると、切り込みを入れたところ以外に

焼き色がついてとってもステキですね

冠も載せてみました

IMG_9097

さて、パティシエ科ではいったい誰が当たるでしょうか

今年の王様と皇女様は…

 

1組からはこちらの皇女さま

IMG_9105

どうしてもガレットが食べたい

と風邪気味の中、最後までがんばった甲斐がありました

きっと、すぐに元気になるよ

 

2組からはこちらの皇女さま

IMG_9115

ステキな友人に囲まれて

幸せに一年間を過ごせますように

 

この冠と、フェーブは担任の先生からのプレゼント

やったね

外れてしまったみなさんも、

今年の主役たちを祝福します

 

2019年1回目の実習は

おいしくて、とっても楽しい授業になりました

IMG_9095

 

今年も張り切っていきましょう

 

実習アシスタント 野口未来
 

オープンキャンパス