悲しく切ないバレンタイン

作成日:2014年02月11日|カテゴリー:あかほりトーク

こんにちはー戸辺です

本日はバレンタインの起源についてお話したいと思います

諸説ある中で最もポピュラーなのがこのお話…

 

今からさかのぼる事2000年。古代ローマ時代に遡ります。

古代ローマ時代は多神教であらゆるものに神がいると信じられていました。

そのなかで全ての神の女王とされていたのがユノーです。

若い戦士に活力を与え、出産・女性の女神として崇められていました。

このユノーの祝日が2月14日、翌日15日から「ルペルカリア祭」とよばれる安産祈願のお祭りが始まります。

 

当時、ローマは男女別々で暮らしていましたが、このお祭りの時だけ男女のめぐり会う機会が与えられたそうです。

このお祭りの前日、女性は桶の中に自分の名前を書いた札を入れておきます。

 

そして翌日、男性が桶の中から1枚の札を引き、そこに書かれていた女性とお祭りの間パートナーとして過ごします。

多くのパートナーはそのまま恋に落ち結婚したそうです。

お祭りは800年もの間続きましたが、ローマ帝王クラウディス2世によりお祭りを廃止されてしまいます。

愛する人を故郷に残した兵士は士気が下がると言う理由でした。



しかし、ローマ近郊テルニ出身のバレンティーノ司教(英:バレンタイン)が結婚できない兵士を哀れに思い、秘密に結婚をさせていました。

これに気づいた皇帝はバレンティーノ司祭を捕らえ、2月14日ユノーの祝日に処刑したのです。

そしてこの殉教の日をキリスト教で「サン・バレンティーノの偲ぶ日」として定め祭日としたのです。

発祥地であるイタリアでは「恋人たちの日」と呼び、愛を確かめ合う日とされています。

 

2月14日にチョコレートを贈る習慣は、19世紀中ごろイギリスのチョコレート会社が小箱入りの美しいチョコレートを発売したことがきっかけと言われています。



こうして日本にもチョコレート文化が広まった様です。

 

恋人たちを結婚させるために、自らの命を犠牲にしたバレンティーノ司教…

華やかなバレンタインデーの裏には、にはこんなにも切なく悲しいお話があったのですね :a13:

バレンティーノ司教のためにも、みなさんも大切な方と愛を確かめあいましょう

そして片思いの相手やお友達、ご家族に大切な想いを伝えてみてはいかがでしょうか?

素敵なバレンタインになりますように…

赤堀ではチョコレートを使ったオープンキャンパスも開催中です。



今週はクリームブリュレor赤堀ハンバーグ

    ホワイトチョコタルトorパンケーキ

を作ります

 

まだまだ参加者募集中ですのでお待ちしております :a17:

 
学内のお店で楽しく学ぶ目白駅から徒歩2分

赤堀製菓専門学校

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ