お正月のお菓子「ガレット・デ・ロア」

作成日:2014年01月7日|カテゴリー:あかほりトーク

こんにちは

あけましておめでとうございます 戸辺です

お正月気分が抜けない私・・・
そんな私が今回ご紹介したいお菓子がありますっ

それはお正月に食べるフランス菓子ガレットデロワです


聞いたことある人はいるかなぁ・・・

フランス語で「王様のお菓子」という意味の伝統菓子。

パイ生地にアーモンドクリームを詰めてこんがりと焼きあげる平たいケーキです :b7:

1月6日の公現際=エピファニー(キリスト祭日)に、家族や友人と切り分けながら食べるのが習わしです。

このお菓子、食べるだけが楽しみではございません
中にひとつだけ忍ばせておいた小さな陶器の人形、フェーブ。


これを当てた人はケーキの上の王冠をかぶり、その日1日王様や女王様になれる資格が与えられますそしてこの1年は良い年になると言われているんですよ
周りのみんなに命令できるなんて素敵なことでしょう
 ちなみにフェーブとはフランス語で「そら豆」を意味します。

当初は陶器の人形ではなく、古代から命のシンボルだったそら豆が使われていたんですね

ご家族や友達と分け合って、お互いの幸せを願う「ガレット・デ・ロア」
フランスの歴史を感じる素敵なお菓子ですよね
私の大好きなお菓子です
今では日本の多くのお菓子屋さんでも売られるようになりました
1月の新年しか食べれないこのお菓子、是非皆さんも食べてみて下さいね
そしてフェーブを当てて王様になっちゃおー :b8:

素敵な一年になりますように…

 

今週の3連休はホールケーキお持ち帰りっ


 まだまだ参加者募集中なのでお待ちしておりますね
 

目白駅から徒歩2分 :b14:
学内のお店で楽しく学ぶ o0020002010521419390 赤堀製菓専門学校

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ