AKAHORI
CAFE BUSINESS CONCEPT

カフェの全てを学んでプロデュースする

VOICE
卒業生&業界のトップ

カフェビジネス科の卒業生と、カフェビジネス業界のトップの声を紹介します。

カフェプロデュースの経験は、
今の私の仕事の原点です。

  • カフェビジネス科2017年卒業 Tさん

  • 「自分のお店」って憧れますよね。
    でも、実際にどんなことから始めればいいのか、どんなことを学べばいいのか、なかなか自力では難しくて、開業は遠い夢かなと感じていました。

    しかし、赤堀で学んだ2年間は、「作る」だけでなく「プロデュースする」を同時に学べたので、開業における不安も解消し、自分の夢を叶える自信に繋がったと感じます。
    今、お店を3店舗運営する中で、赤堀の多くの経験が、今の私を支えています。

多様性の中の独自性を、セルフプロデュースする必要があります。

  • 有限会社FBCインターナショナル
    代表取締役 上野 登

  • 現在のカフェシーンにおいてビジネスの成否のカギを握る大事な用の一つがプロデュースになります。それは、カフェのプロデュースであり、また個人のセルフプロデュースでもあります。
    美味しくてリーズナブルな商品を提供するのはカフェにとって必須であり、その上で、更なる魅力・付加価値を求められるのが現在のカフェビジネスです。
    SNSでの情報発信は新規顧客獲得の有力な方法の一つですが、その為には魅力的な写真撮影のセンス、文章力が求められます。 店舗内のBGM、.照明、家具・調度品などは舞台であり、そこで働くバリスタやスタッフは舞台の上で輝くスターでなければなりません。
    お客様をお迎えするスタッフ一人一人が、プロとしての自覚を持ち、服装、髪形、立ち振る舞い、それら全てを自分自身で管理し維持する高いプロ意識を持たなければなりません。
    その為には、プロとして必要な最低限の知識・技術を学び習得しなければなりません。学生は、指導・教育されることを素直に学ぶとともに、常に個としての自分自身の長所を如何に伸ばし魅力的なものにするか意識し努力することが大事です。
    現在のカフェ業界の最もホットなキーワードは、多様性です。カフェも個人も、多様性の中の独自性を、セルフプロデュースする必要があり、その準備期間としての学びの時間が大事なのです。

CAFE BUSINESS
CONCEPT MENU

カフェビジネス科カフェビジネス科

オープンキャンパスオープンキャンパス