カフェで活躍する女性を紹介!

作成日:2013年08月20日|カテゴリー:未分類

こんにちは

青山です

昨日のブログで、16日のオープンキャンパスでデザインラテアートを教えていただいた大川先生をご紹介しました :b5:

そう!

大川先生はカフェトリエスティーノで実際にバリスタとしてお仕事をされている先生でした

そして以前にもブログでご紹介しましたが、目白にもカフェトリエスティーノがあります

今日はカフェトリエスティーノ目白店の竹内さんという女性のバリスタさんをご紹介します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

CAFFE TRIESTINO

中に入ると「ボンジョルノ!」と元気な声で迎えてくれます。

店内はテーブル席とカウンター席があります。



壁には店長兼バリスタの竹内さん自慢のイタリアの地図。

★のところがこのお店のコンセプトでもある北イタリアの町トリエステです。



イタリアのトリエステはアドリア海に面した港湾都市で、コーヒーの街として認知されています。

コーヒーの街トリエステにちなんだお店の名前からもわかるように、

トリエスティーノのコーヒーにはこだわりがあり、エスプレッソメニューがとっても豊富です。

お店で使用している豆はATT社で焙煎された豆。

トリエステにある老舗、Antica  Tostatura  Triestina(ATT)社は、木炭による時間をかけた焙煎方法に100年以上変わらずこだわり続けている会社です。

このこだわりの豆を使ったコーヒーを11時から22時30分まで楽しめるのがカフェトリエスティーノ。

お店のバリスタマシンがこちら。



毎日使いこまれているのにピカピカです。

道具を大事に使われているところにも、カフェの仕事を愛している竹内さんの思いを感じます。

そんな竹内さんがこの仕事をしていてよかったとやりがいを感じるのは、お客様と接するときだそうです。

お仕事が忙しくてきついこともあるけれど、常連さんが来てくれて会話をしたり、

お店の前を通るときに手を振ってくれるお客様に元気をもらっているとのことでした。

あとはよいスタッフに恵まれていると楽しそうに話してくれました。

お客様とスタッフがいてくれることで、やる気が出ると竹内さんは言います。



竹内さんはコーヒーを淹れるのが好きで、やりたいことを仕事にできることが幸せだと言います。

こんな竹内さんは今年、日本バリスタ協会主催のバリスタライセンスを取得されました。

店長をする上で最低限必要なのではないかと思い取得されたそうですが、

取得できたことで自信につながったとうれしそうに話してくれました。

竹内さんは店長であることにあぐらをかくことなく、更なる高みを求め、

次はイタリア国際カフェテイスティング協会主催のIIAC認定資格(Istituto  Internazionale  Assaggiatori  Caffe)を目指します。

そんな竹内さんにいくつか質問してみました。

Q.カフェで働く上で必要なものは?

A.資格も大事だけど経験を積むことも大切です。そして目配り・気配りがとても求められます。

例えばお客様が寒そうにしていたら何も言われなくてもブランケットを持って行ったり、ピザを食べ終わったお客様がいたらさっとおしぼりを提供するなど、どこまでテーブルを見て気を配れるかが大事です。

そして絶対欠かせないのが笑顔!どんなおいしい料理でも店員が無愛想だったら行きたいと思わないし、おいしい料理もおいしくないと思います。私はそんなものがカフェで働く上で必要だと思います。

Q.経験が大事ということですが、経験のない新卒のスタッフに求めるものは?

A.笑顔です。お客様に満足して帰っていただくためには笑顔が欠かせません。

そしてやる気。技術がなくても笑顔とやる気があって楽しく仕事ができることが大切です。

 

立ち仕事が長時間続いたり、遅くまで働くことだけを考えてつらいと思ってしまうと

仕事が楽しくなくなってしまうけど、そこはスタッフ同士コミュニケーションを大切にして

お互いにフォローしあって仕事をするように心がけています。

そういう竹内さんの行動はまさに言葉通りです。

働くスタッフ同士のコミュニケーションは、客としての目線で見ても「みんな楽しそうに働いているな」と感じられるものでした。言わなければならないことはちゃんと言う、でもそこは築き上げられた信頼関係でギスギスしたものはまるで感じられません。



職場環境も素敵にデザインする竹内さんにお願いして特注デザインカプチーノを作ってもらいました。





デザインカプチーノに興味を持ったのは職場の研修でという竹内さん。

その実力には目を奪われます。









 



当校の昼間部と夜間部両方の学生さんを応援する月と太陽のデザインカプチーノもいただきました。

竹内さんの創造力はとどまることがありません。

そしてこちらがトリエスティーノ自家製「白いもちふわロールケーキ」!

ふわふわのイタリアンメレンゲの生地にエスプレッソショコラをロールした目白発の白いロールケーキ。

数量限定ですのでお早めにどうぞ。

こちらは目白店での自家製になりますので、召し上がりたい方はぜひカフェトリエスティーノ目白店へ!



お話をしていて、竹内さんがとてもカフェで働くことを楽しんでいるなというのが印象に残りました。

「好きなことを仕事にできて幸せだ」と感じながら働く竹内さんの思いは

お客様と接するときにもあふれ出ています。

竹内さんがテーブルに行くと、お客様も楽しそうに竹内さんと話していました。

そんな風にお客様の笑顔を引き出せる竹内さんの「お客様と接することが楽しい、カフェの仕事が楽しい」という気持ちはお客様にダイレクトに届いているようでした。



そして竹内さんからカフェで働く夢を持つみなさんにメッセージです。

「カフェで働くのは楽しいです。みんなが自分がやりたいことを仕事にできるわけではないので、カフェで働きたいと思い、それが実現したらこんなに幸せなことはありません。

接客業をやっていていいなと思うことは、人の優しさに触れられ、自分も優しくなれることだと思います。楽な仕事ではないけれど、楽しく仕事を続けていれば苦労を上回る喜びがその先に待っているのでみなさんもがんばって夢を叶えてください」

カフェで働くことを夢見る方も、カフェが大好きな方も、トリエスティーノ目白店に行くと素敵なバリスタが元気に「ボンジョルノ!」と迎えてくれますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

*CAFFE TRIESTINO情報*

目白駅下車徒歩3分の目白通り沿いにあり、イタリアの国旗が目にも鮮やかな入り口にはテラス席があります。

お店の前のブラックボードのお勧めメニューも必見です!



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いかがでしたか?

カフェで働くといってもその働き方は一つではありません

今回お伝えした内容もこれがすべてではありません。

現場の方の思いをお伝えすることで、カフェで働く夢をお持ちの方の

何かの助けになれたら嬉しいです

夢を形に

そのためにまず 一歩踏み出しましょう

 

学内のお店で楽しく学ぶ、製菓・カフェの学校 :b7:

《公式》赤堀製菓専門学校(認可申請中)

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ