年齢や経験は関係ない!!

進学した先輩たちの声

  • 亀村さん

    カフェ専科(1年制)

    短大卒業 → 赤堀製菓に入学

今までの経歴とこれからの学びを重視して、
1年で集中して学ぶことを選択しました

入学前までの経歴は?

高校在学時から、カフェめぐりが趣味で、地元川越のオシャレなカフェに良く通っていました。カフェのスタッフの方々を見てカッコよさを感じ、憧れを強くもっていました。

そのときから、将来の夢は「自分のカフェを開きたい」と明確でした。

そこで、将来自分のお店を持つなら、しっかりと栄養も考えたメニューを作りたいと思い、栄養士が取れる、短大へ進学を決意しました。

なぜ進学しようとしましたか?

短大で就職活動をしていた中で、やはり「自分らしい、オシャレなカフェを開きたい」と思い、栄養面だけでなく、カフェで必要なバリスタとしての技術・知識の向上が必要と考え、赤堀製菓への再進学を決めました。

再進学の条件はなんですか?

現在のアルバイト続けながらと両立できる時間帯の学校を探しました。殆どが夜間の学校だったので、「午後」という時間帯が朝早いアルバイトにはぴったりでした。また、自宅から通いやすい立地も選んだ理由です。

再進学ということで、なるべく学費を抑えて進学、短期間で色々まなべる学校を考えていて、自分で学費の上限を決めました。自分と似たような境遇の仲間がいる学校、というもの魅力的でした。

進学先はどうやって選びましたか?

「カフェ 専門学校」でネット検索し、気になる学校を2校見学。体験入学での学校の雰囲気が良かったので赤堀製菓に決めました。

既卒者のメリットはなんですか?

アルバイトをしながら通学にちょうど良い時間帯の授業スケジュールです。あまり夜遅いと次の日の仕事に響いてしまうので、夕方授業が終わるのは、無理なく通えます。

高卒の子ばかりじゃないのでなじみやすい環境でもあるし、1年で実践的に学べるので、無駄がないのも既卒者向きなのではないでしょうか。

\その他の進学した先輩たちの声/

1年間で学べる6つの専攻