在校生紹介

interview 在校生紹介

  • パティシエ科 田中さん

    パティシエ科
    田中さん

以前失敗したスポンジケーキがおいしく焼けるようになりました

和と洋両方のお菓子づくりを学びたいと思い赤堀に入学しました。実習の授業がたくさんあって、自分でも上達が実感できて楽しいです。

入学前は何度チャレンジしても成功しなかったスポンジケーキが、今はふっくらおいしく焼けるようになりました!

以前はおいしいお菓子が作れれば満足でしたが、赤堀で学ぶうちに「もっとおいしくするためにはどうしたらいいか?お客様に喜んでもらうにはどうしたらいいか?」と視野が広がったと思います。

  • 入学前はあんこが苦手でした。和菓子づくりを学ぶうちに、おいしいあんこがどんなものか理解できて、今は好きになりました!

    パティシエ科 田中さん

  • カフェビジネス科 平賀さん

    カフェビジネス科
    平賀さん

たくさんのドリンクといろいろな国の料理を教えてもらえる授業が楽しみ

最初はパティシエになるための学校を探していたのですが、料理にも興味があったので、お菓子と調理、さらにはドリンクも学べるカフェビジネス科がある赤堀を選びました。

調理の授業は、魚のおろし方など基礎的なことにはじまり、和食、中華、イタリアンやスペイン、オーストリア料理などいろいろな国の料理を教えてもらえるのがとても楽しいです。

おいしかったレシピは、家で家族にも作っています。リゾットは特に好評でした!

  • 調理やドリンクの実習の他に、サービスやマナーも教えてくれるのがいいですね。将来、飲食店で働きたい人には理想的だと思います。

    カフェビジネス科 平賀さん

  • パティシエ科 横山さん

    パティシエ科
    横山さん

「好きなことをしてほしい」という言葉に背中を押されました

小1のときにお母さんが料理の本を買ってくれたことをきっかけにお菓子づくりが好きになりました。

進路を選ぶときは、管理栄養士の学校と製菓学校とで迷いましたが、お母さんの「好きなことをしてほしい」という言葉に背中を押され、製菓学校への進学を決めました。

赤堀を選んだのは、オープンキャンパスで「この先生たちから2年間しっかり学びたい!」と思えたから。実際、学生一人ひとりに親身に接してくれる先生ばかりです。

  • お菓子づくりを科学的に教えてくれる「製菓理論」は、目からウロコが落ちるような知識がいっぱい学べて楽しいですよ!

    パティシエ科 横山さん

  • カフェビジネス科 石綿さん

    カフェビジネス科
    石綿さん

楽しい授業とカフェでのバイトで、毎日が充実

小さい頃から家族でコーヒーをよく飲んでいたのもあって、コーヒーが大好き。コーヒーの勉強をしたくて赤堀に入りました。

和菓子も好きだったので、和と洋の両方を学べるところもポイントです。授業では、ドリンク実習が楽しいです。班ごとにオリジナルのノンアルコールカクテルなどを作って、みんなで評価し合ったりするんですよ。

放課後は将来のためにカフェでアルバイト。授業で教わったことをすぐ活かせているのが実感できます。

  • 小腹が空いたときや気分転換のために、いつもチョコレートを持ち歩いています。いろいろな商品を試してみるのが楽しいです。

    カフェビジネス科 石綿さん