お菓子をおいしく作るコツ

生クリームが泡立たない

お菓子をおいしく作るコツ♪

こんなことが起きたら、まず確認する点
・植物性のクリームを使っていませんか?
・乳脂肪分の低いクリーム(35%以下)を使っていませんか?

そんなときは「種類別:クリーム」と表示されている動物性の乳脂肪分40%以上程度のものを使いましょう。

少し難しい話になりますが、「生クリームが泡立つ」時何が起こっているか、というと撹拌により、生クリーム中の脂肪球同志がぶつかり合ってつながり、取り込まれた気泡と気泡の間に、つながった脂肪球で網目構造をつくっているのです。

つまり、乳脂肪分の高い生クリームというのは、乳脂肪がたくさん含まれているということなので、泡立てたときに脂肪球同志がぶつかり合う確率も高くなる → 早く網目構造ができあがり、早く泡立つ。という訳です。

それから、植物性のクリームというのは、そもそも牛乳に含まれる乳脂肪ではなく、植物性油脂から作られた代替品です。泡立てやすさという面では、逆に泡立ちにくいです。作業性を良くするために、泡立て過ぎてボサボサになるのを緩和したりするのに向いているからなのです。

同じように見える「生クリーム」でも、実は中身の成分や構造が違うんですね。

動画でおいしく作るコツをチェック!

生クリームが泡立たない
  • check
  • その他のお菓子作りのコツ♪

  • check
  • 和と洋が学べる学科と体験授業