cafe

集まれカフェ好き♡
もっと知りたいカフェのこと♪

コーヒーの豆・味・抽出技術を学んで
「お客様に味のご提案」ができるようになれる!!

金昭英先生

カフェ担当
金昭英先生

金昭英先生。学生に時には厳しく、とってもやさしい愛情あふれるカフェ科の担任!!

イケメンが大好き。オープンキャンパスに来たら、コーヒーとイケメンの話で盛り上がりましょう。

NO
1

今回のPoint

カフェビジネス科カフェ専科の技術の核となる「バリスタ実習」。

バリスタとして必要な知識・技術を学び、お客さまへの的確な味のご提案が出来るバリスタを目指します。

今回はバリスタの金先生に、コーヒーの「豆」と「味」、「抽出技術」について、教えていただきました!

「豆」について学ぼう!

「コーヒーってどんなものだと思いますか??」

抽象的な質問で攻める金先生(笑)。

事務局メンバー答えられず…。

「豆には種類があること、知っていますか?」

安いのと高いの・・・??単純な回答しか出来ない入学事務局スタッフ(笑)。

そして豆登場!!

コーヒーには、大きく分けてコマーシャルコーヒーとスペシャルティコーヒーの2種類があります!

簡単に説明すると、コマーシャルコーヒーは普段皆さんが飲んでいる缶コーヒーやスーパーで売られている様な、色んな豆をブレンドしたコーヒーです。

コマーシャルコーヒーの方が普段よく飲まれていることもあり、味に慣れている方が多い「豆」です。

対して、スペシャルティーコーヒーは、1杯のコーヒーカップの中で、すばらしい風味を味わえるコーヒーです。

どこでどんな方法で豆が作られているか、明確にわかることも特徴です。とっても貴重な豆です!

今日のPoint1

カフェビジネス科カフェ専科に入学して、学んでいくうちにスペシャリティーのおいしさを感じることが出来ます。

例えば、入学当初は苦い…、コーヒーっぽい…、鉛筆の香りがする!!のような乏しい表現ですが、学ぶうちにチョコのビター感、カカオ○○%の香り…、花のような香りなど表現が豊かになる。

舌を鍛えて、味を学んで目指すは《お客様に表現力豊かな味の説明が出来るバリスタ》を目指します。

味について学ぼう!!

コーヒーの味を確かめるカッピングスプーンを使って、味わいを感じます。

ヒュン!!と音を立てて口の中で霧状にして味わうことがポイント!

とっても独特な味わい方です。
できるようになると、カッコイイ!!

コーヒーの抽出について学ぼう!!

「おいしいコーヒーを入れるポイントはなんでしょう??」

「基本で大切なのは、ひきたての豆を涌きたてのお湯で入れることです。」

入学事務局一同、「ほぉー!!!やっぱり基本が大切なんですね。」

「コーヒーの抽出方法は大きく4種類ありますが、今回はハンドドリップでおこなう3種の方法を教えます。」

自宅でもできる、おいしいコーヒーを入れる3つのテクニックを伝授!!

まずは、一番身近な、ペーパードリップ。これ、見たことありますよね?紙のフィルターを装着して抽出します。

日本でメジャーなのは1つの穴が開いているコーノ式、世界でメジャーなのは3つの穴が開いているカリタ式です。

次に、サイフォン。

実験器具みたいですが、サイフォンで抽出したコーヒーはとにかく温度が熱い!ご年配の方に好まれます。日本人に好まれる抽出方法です。

最後にエアロプレス。
豆をプレスして抽出するので、コクのある、濃いコーヒーが抽出することが出来ます。

今日のPoint2

今回は抽出の方法をお伝えしましたが、お客様の味の好みに合わせて、抽出方法を変えて提供できるよう学んでいきます。

赤堀では、豆はスペシャルティコーヒー、器具・器械はもちろん充分な準備をしています。

次回は「基礎がわかるラテアートのポイント」をお伝えします。次回もお楽しみに!

  • check
  • 他にもこんなコトが出来ます

  • check
  • 和と洋が学べるカフェ科と体験授業