【先生ブログ22】夢を形にする授業をしてます!

作成日:2016年12月24日 カテゴリー:就職関連 , 授業・実習

 

こんにちは!赤堀製菓専門学校 キャリアセンターの石岡です。

私は、「就職講座」の授業を担当しています。「就職講座」の授業では、スーツの着方、履歴書の書き方、

社会人マナー、面接の受け方等々を分かりやすくお伝えしています。

dsc_1293 img_4413
上の写真は、就職模擬面接練習の授業中の様子です!真剣!

 

といわれても、少し難しいイメージをもたれた方もいるかもしれませんね。本当に難しいことではありません。

言い換えると社会人になるために必要な事と、社会人になってから先輩・後輩の方と、

気持ちよく仕事をするためのコツを勉強しています。

img_1176
 

 

 

 

 

 

少し考えてみてください、、、、、、

 

20歳で赤堀製菓専門学校を卒業した時、65歳まで働くと「45年」が働く期間となります。

今現在、高校生の方からすると生きてきた倍以上の時間を働くことに費やすこととなります。

img_2749 img_2727
赤堀製菓専門学校を卒業したみなさんには、その45年という長い時間を充実した素敵な時間にして欲しいと思っています。

その為に必要なのが、「就職講座」で学ぶ内容です。もちろん専門的な知識や技術もそうですが、それと同時に社会人として

の考え方やマナーが自分のものになっていることも同じくらい大事なことなんですね。

img_2739 img_2740
 

就職活動は、入学前に描いた夢を形にするチャンスです。

はじめての就職活動は不安ですし、一人ひとり良いところも、苦手なところもちがいます。

ですが、全員が、自分にあった就職先が見つかるように精一杯応援します! ご安心ください!!

 

 

 

【先生ブログ22】夢はパティシエ・バリスタ!でも学費が・・・

作成日:2016年12月16日 カテゴリー:授業・実習

こんにちは
学生サービスセンターの青山です
ここまでいろんな先生たちが、素敵な授業の紹介をしてくれました。

私はというと・・・。

通常、授業は行っていません
ですが、学費に関してのサポートをさせていただいているので、

それを「お金のことを勉強する授業」として特別に行っています
img_9212
赤堀製菓では、日本学生支援機構からの奨学金を借りて、夢に向かってがんばっている

学生たちがいます
 

奨学金を借りて勉強している学生たちも、そろそろ卒業が近づいてきました
日本学生支援機構で奨学金を借りていた場合、返還が始まるのは

卒業後、半年たってからの10月です。

すぐに返還が始まらないので少し安心という反面、

半年も時間があいてしまうと返還開始日を忘れてしまう
なんていう不安もありますよね。

そこで私の授業では、「奨学金の返還について」というよりは

「長い人生の中での奨学金との付き合い方」をお伝えしております。

みんなの長い人生の中には、たくさんの「やりたいこと」がありますよね。

仕事、結婚、出産、家を買う、車を買う、親孝行をする、海外旅行に行くなどなど・・・。

img_9220
「奨学金返さないといけないから、返し終わるまでは全部ガマン!」

なんて限界がありますよね。

だから無理なく、人生を楽しみながら奨学金と付き合っていってほしいと

思っています。

そのためにはなんと言っても「計画的に!」

ということが大切です
 

どうしたらそういうことができるのか?ということを、

サンプルの収入例を見ながら、支出の内訳を考えてみたり、

img_9216
「余ったお金を貯金するのではなく、給料をもらったら先に返還額、貯金額を抜いておき、なかったこととしてお財布に入れない」とか

「毎月の自分の支出を把握する」ということをお伝えしています。

「気づいたら15日にはお財布に1,000円しかない!何に使ったっけ?」

なんてことありませんか?

こうならないためには、まずは「自分の支出を把握する」ところからです。

img_9213
節約しようにも、自分の支出状況が把握できていなければ

ただ苦しいだけ。

「あんなにガマンしたのに今月もまた・・・」なんてことになったら

悲しいですよね。節約する気もなくなります
そうならないようにするにはどうしよう?

というお話なんかをやっている授業です
img_9203
 

先生たちにとって、学校にいる間だけ学生たちを幸せにすればいいんじゃないんです。

先生たちにとっては、学生たちは学校にいる間も、卒業しても

ずっと、ずーっと幸せでいてほしいんです。

だから、いろんな先生たちがいろんな角度からみんなを応援しているんです。

これからもずっと、先生たちはみなさんを応援していますよ
 

 

 

 

 

【先生ブログ 21】カフェビジネス科 卒業制作の授業紹介!皿盛りスイーツ作りにチャレンジ☆

作成日:2016年12月12日 カテゴリー:未分類

久しぶりに書き込みをさせていただきます!カフェビジネス科の藤原です♪

先週の菅先生のブログと少しかぶってしまいますが、

私が担当してるカフェビジネス科卒業制作の試作の内容をお伝えしたいと思います☆

パティシエ科と同じく、学校のテーマは「和と洋」

そして、企業の方からいただいたテーマは「」です!

dsc_3491
今まで授業で習った内容を元にテーマに合わせたスイーツを作るのはすごく難しい事ですが、

学生ひとりひとりがモチベーション高くいろんな食材を使ってチャレンジしています☆

dsc_3508

和洋の素材を使ったオリジナルのスイーツを作るのは想像を超える難しさなので、思い描いたイメージを試作してみると味のバランスが悪かったり、

作った生地の状態が悪かったりして立ち止まってしまいます…

しかし、私も含め先生が試食をして、食材が持っている可能性、味のバランスの整え方、食材同士の合わせ方などのヒントを出して

学生さんたちが思い描くものに近づけるようにしています☆

dsc_3506
和菓子の授業で習った求肥(ぎゅうひ)を作って、ムースにかぶせた結果、

食感は良くなりましたが、少々食べづらかったので一口サイズの物に変えたり…

dsc_3503
フルーツとチョコレートのガナッシュを混ぜ込んで白玉の中に忍ばせて暖かいスープに浮かべるという物も試食をして

甘さと白玉の割合や大きさを調節しました☆

dsc_3521
まだ未完成品ですが、なんだかワクワクする作品になりそうです♪

完成させたい味や飾りに対して、毎回問題点を見つけて段々自分たちが納得するスイーツに仕上げていきます

同じグループの中でしっかり話し合い、協力してひとつの物を仕上げるということが何よりも大切な課題なので、

全員の想いがたくさん詰まった美味しいスイーツが出来上がるといいなと思います

どんな作品に仕上がるのかとても楽しみです

【先生ブログ⑳】パティシエ科2年生、卒業制作でアントルメ(ホールのケーキ)作成中♪

作成日:2016年12月3日 カテゴリー:授業・実習

こんにちは♪パティシエ科2年担任の菅です♪

今、2月の卒業制作に向けて授業の真っ只中

でもパティシエ科2年生の卒業制作ってどんなのってことで、授業の様子をお伝えしていこうと思います

赤堀製菓の卒業制作では、企業の方から課題を頂き、その課題をもとにオリジナルレシピを考えていきます。

今年のパティシエ科は株式会社バルニバービ様から「アニバーサリー」というテーマを頂きました

そして学校のテーマとして「和と洋」

ディスプレイ用の装飾菓子(ピエスモンテ)と、ホールのケーキ(アントルメ)を試行錯誤しながら作っていきます。

2年生は6チーム

2月3日の学内選考で選ばれた1チームが、2月15日の卒業制作に向かうことができるのです

まずは課題を頂いたバルニバービにはどんなお店があるか調べて企業調査。そして、誰が?誰に?何を?どうやって?とターゲットとシチュエーションを考えて、じゃあどんなケーキにしようというふうに考えていきます。

 




 

それからはひたすら試作試作の日々

 


ノートにはケーキの組み立てがびっしり書かれてますね

 


チームの1人が作業しているときも、他のメンバーはしっかりサポート

 


ここどうする?と確認

 


しっかり協力しての作業は楽しそう

 


求肥を作る手のすばやさっ

 

そして今日の試作での問題は何か、それをどう改善していくか、総合リーダーを中心として問題発見問題解決の時間


頼もしい2人です

 


たくさん問題を発見して、これはどうしたらいいんだろう?と、よりいい作品を作っていってほしいと思います

 


 

みんながんばれーっ
 

 

 

赤堀製菓の学生がAKB48新曲ハイテンションのMVに出演しました♪

作成日:2016年11月29日 カテゴリー:学校行事

11/16発売のAKB48の新曲「ハイテンション」に赤堀製菓の学生たち約50名が出演しました

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%91
ぱるるがセンターの卒業シングル!

赤堀製菓の学生は、2:07に一瞬出演(笑)。

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%92
是非、youtebeでも御確認くださーい!

【MV full】ハイテンション / AKB48[公式]

https://www.youtube.com/watch?v=fj6iDHciEmA

作詞 : 秋元 康 / 作曲 : シライシ紗トリ / 編曲 : 佐々木 裕

AKB48 46th Maxi Single「ハイテンション」表題曲。

 

 

 

【先生ブログ⑲】なぜ製菓分野でフランス語を勉強するのか?就職担当千葉です!

作成日:2016年11月28日 カテゴリー:就職関連 , 授業・実習

パティシエ科2年生のフランス語を担当している千葉です。

なぜ製菓分野でフランス語を勉強するのか それは日本の洋菓子がフランス菓子主流になり、フランス製器具やフランスの製法が普及し、洋菓子製造現場でフランス語がとても多く用いられているためです。

教材として使った【製菓フランス語】という専門教科書もある程、製菓業では必要不可欠な要素になっています。

dscn4050
洋菓子店に行くと、【タルト・オ・ポワール】【ガトー・ショコラ】【シュー・ア・ラ・クレーム】【ガトー・フレーズ】などフランス語の名前がいっぱいです。

好きなことや、得意な分野の外国語であれば覚えるきっかけになりますよね。

パティシエ科フランス語授業の目的 は、「プロとして現場で使えるフランス語をひとつでもふたつでも覚える。」「フランス語圏でお菓子を買うことができる。」でしたね
卒業後この教科書がとても役立つ日が来ますから、ずっと大切に座右の書としてくださいね
以前フランスやベルギーを旅した"食”にまつわる思い出話をします。

フランスというとパリのシャンゼリゼの高級ブティックを思い描く方が多いですが、パリ地方を一歩出て地方に向う車窓からは麦畑と、牛や羊の放牧、ワイン用のブドウ畑がひたすら続く農業大国です。

日本でも販売されているミネラルウォーターの産地 オーヴェルニュ地方に住む友人家族の生活をご紹介します。

友人知人を自宅に招く文化があり、手製の料理の材料を調達することから始まります。近所の菜園主と契約し、いつでも好きなだけ野菜や果物を取りに行きます。大きな敷地内には鶏小屋があり、お客様を招く時に鶏を絞めて丸焼きにしたり、地元特産のフロマージュ(チーズ)を食べ頃にして供したり、季節の農産物を最大限楽しみます。

dscn2992
 

緯度が高く冬は日照時間がとても短いヨーロッパでは、温かい晴れた日には庭やテラスで食事し、日光をたっぷり浴びて暗くて寒い冬を乗り越えます。

dscn3006 dscn3007
食前酒(アペリティフ。未成年はノンアルコールドリンクで楽しむ)の文化もとても重要で、食事前の時間を大人も子供も一緒に楽しみます。そんな時大活躍するのが Petits fours salés (プチフール・サレ。一口サイズの塩味つまみ)やカナッペなど手に直接とっていただく料理です。パティスリーや、仕出し料理屋(トレトゥール)でガーデンパーティなど用途に合わせて注文でき、会場まで届けてもらうこともできます。大人と一緒にパーティに参加することで【食育】が自然に育まれ、子供も社交的に成長します。

dscn3035
こちらはブリュッセルのクリスマスディスプレーです。ベルギーを代表するチョコレート、スペキュロス(スパイスクッキー)など国柄がよく出ていて、砂糖菓子(コンフィズリー)のお店はお砂糖で冬をイメージしています。

dscn4012
dscn4008
 

dscn4013
年を越すと1月6日の公現祭(エピファニー。キリスト教の祝日)のお祝いで、パティスリーはガレット・デ・ロワが所狭しと並びます。日本でもこの10年来、製菓・製パン業界の働きかけもありすっかりおなじみになりましたね。ヨーロッパでは包装にこだわらず、紙袋に横から入れるだけ!のシンプルさです。

dscn4025
少し早いですが、フランス語圏の年末年始のメッセージ「メリークリスマス & 新年おめでとう!」を贈ります。
“ Joyeux Noël & Bonne année ! “ (ジョワイユ ノエル & ボナネ)

 

 

 

 

 

スクールカフェⅢ筑波乳業㈱様のアーモンドミルクを使用したオリジナルメニューの提案♪カフェビジネス科

作成日:2016年11月22日 カテゴリー:学校行事 , 授業・実習

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_356 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_399 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_547
カフェビジネス科では、先日、スクールカフェⅢで「筑波乳業㈱様×赤堀製菓」企画

オリジナルドリンクの提案をいたしました

テーマは、筑波乳業株式会社の新商品アーモンドミルクを使用した創作ドリンクの製作。                 
対象年齢は、50代から60代男性です。

なかなか難しいテーマに、8チームに分かれてチャレンジをしました

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_053 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_062
20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_069 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_082
まずは、班 製品名は「HealthyMonster」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_19220161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_155
大きなボストンシェーカーで作った、アーモンドミルクと紫サツマイモを合わせた食物繊維たっぷりのドリンク

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_189 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_177
 

次に班 製品名は「ちゃぷれっそ」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_223 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_238
エスプレッソとこしあんと抹茶をアーモンドミルクと合わせた、初秋をいイメージしたホットドリンク

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_251 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_259
 

次に班 製品名は「シェケミルク」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_298 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_313
アーモンドパウダーと砕いたアーモンドをたっぷり使用した、大人のご褒美リラックスドリンク

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_314 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_324
 

次に班 製品名は「KGK Almond Latte」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_362 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_377
黒ゴマ(KG)・きな粉(K)・アーモンドミルクの3種類が合わさって
とても栄養価が高く健康的な飲みやすいドリンクです。

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_389 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_395
 

次に班 製品名は「朝日スムージー」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_429 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_448
朝から元気になるような、ビタミンたっぷりのドリンクです

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_455 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_464
 

次に班 製品名は「フェリチェート」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_514 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_516
50代-60代男性の、疲れを癒してくれるようなドリンクを作ろうと思い、「至福のひととき」というコンセプトにしました

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_524 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_526
 

次に班 製品名は「アーモンドコーヒー」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_558 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_562
いつもと違うおいしさを味わってほしく50代・60代になじみのある食材を使って、いつもと違う味に仕上げました

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_566 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_580
 

次に班 製品名は「Mr.Green」

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_609 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_613
健康を意識したスムージー風のドリンクです

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_627 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_639
 

さて、カフェビジネス科の作品はいかがでしたでしょうか?

全員が、問題に対しての課題を明確にし、色々な視点で新しいメニュー提案が出来たと思います!

次はスクールカフェ4です!学生さんたちのオリジナルカフェオープンに向けて頑張りましょう

20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_705 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_712 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_716 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_720 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_724 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_728 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_731 20161102_%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_736
 

【先生ブログ⑱】パティシエ科・カフェビジネス科の在校生にインタビュー!

作成日:2016年11月20日 カテゴリー:未分類

こんにちは入学事務局の前川です。

赤堀製菓ではパティシエや和菓子職人、カフェスタッフ等を目指す学生さん達が毎日夢に向かって頑張っています。

今日はそんな赤堀製菓の在校生をご紹介します
 

一人目はパティシエ科1年生のF君です。

5131457o
 

■パティシエを目指そうと思ったきっかけを教えてください!

高校生の時にアルバイトをしていたパン屋さんで、お客さんから「美味しかったよ」と言ってもらえたことがすごく嬉しくて、ものを作る仕事って良いなと思うようになりました。

そんな時に、高校の授業に赤堀から匹田先生が来てくれて、和菓子を教えてくれたんです。

パンだけじゃなくて、和菓子や洋菓子も作れたらもっと良いなと思うようになって、赤堀で勉強しようと決めました。

img_3550
 

■赤堀の授業で、今一番楽しい授業を教えてください!

実習授業ももちろん楽しいけど、座学の授業も好きです。今は「製菓理論」が一番楽しいです。

この前は、薄力粉と強力粉の違いを勉強しましたが、ただ教科書で学ぶだけではなく、実際に薄力粉と強力粉でそれぞれお菓子を作って違いを比べることもしました。

知識と技術が繋がっているので、すごく勉強になります。

img_5784
 

■将来の夢を教えてください!

人に喜んでもらえる仕事がしたいです。

パンなのか、和菓子なのか、洋菓子なのか、まだやりたいことは決まってませんが、人に喜んでもらえるものを作り続けていきたいと思います。

 

● ● ● ● ● ● ●

 

続いて、カフェビジネス科のKさんです。

img_9802
 

■カフェの勉強をしようと思ったきっかけを教えてください!

食べることが好きで、美味しいものを食べたときに幸せな気分になれるんです。

美味しいものを食べるときは良い空間で食べるともっと幸せになれるので、そんな空間も提供できるカフェを開きたいと思って、カフェの勉強をしようと決めました。

地元が新潟なので、将来は田舎のゆったりした雰囲気と、地元の美味しいお米を活かしたカフェが開けたら嬉しいです。

5714164o
 

■赤堀の授業で、今一番楽しい授業を教えてください!

今はバリスタ実習が一番楽しいです。コーヒーを淹れたりラテアートをやったり。焙煎やカッピングも勉強しています。

自分の焙煎した豆をカッピングしたり、フルーツを食べた後にカッピングをして、フルーツを感じられるかを学んだり、コーヒーのことを実践的に学べていることが楽しいです。

5604698o
 

■卒業後の就職のことを教えてください!

高校生のときから自分が行ったカフェはメニューや感想をメモに残すようにしていているんですが、気づけば100件くらいのカフェを巡っていました。

そんな中で一番好きだった中目黒のカフェを運営されている会社に就職内定をいただくことができました。

和カフェなどの飲食業だけではなく、ウェディングやヘアサロンなども幅広く展開している会社なので、色んなことを吸収して成長していきたいです。

 

● ● ● ● ● ● ●

 

今回は2人の在校生がお話を聞かせてくれました。

2人とも「学生スタッフ」としてオープンキャンパスのお手伝いもしてくれている学生さんですので、もっと詳しく話が聞きたいという方は、ぜひオープンキャンパスに来て色々質問してみてくださいね。

スクールカフェⅢクラスみんなでパティスリーオープン!一般オープンに向けたプロの評価をいただきました。

作成日:2016年11月18日 カテゴリー:学校行事 , 授業・実習

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_428 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_43420161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_396
先日、パティシエ科1年生による「スクールカフェⅢ」を実施しました

このスクールカフェⅢは、次のスクールカフェⅣにて、一般の方に通常のお店と同じ要領でスイーツを販売するに当たり、

「プロのシェフに製品を評価していただき、課題発見をする」ことが一番の目的となります

自分たちの作った和菓子・洋菓子をプロから評価していただく・・・

とっても緊張&真剣なパティシエ科1年生の様子をお伝えします

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_002 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_004
まずは、先生より全体の目的確認から和菓子・洋菓子供にチームで協力して、1チーム8製品×4チームで作成します。

各チームのリーダーからも、それぞれ意気込みの一言

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_010 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_011
役割分担と、工程を確認し、コミュニケーションをしっかりと

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_021 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_025 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_028 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_033 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_03620161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_040
皆さんの真剣なまなざし・・・プロに評価していただくので真剣です

全てのチームが、洋菓子6品、和菓子2品を作成し、プレゼンテーションを行い、評価していただきます。

 

まずは、1年1組A班
担当の製品は、

洋菓子:マカロン・ダックワーズ・ガトーショコラ・ルレ オ フリュイ・ムースオフ レーズ・ショルロット オ ポワール

和菓子:塩豆大福・どら焼き

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_218 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_223 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_231 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_235 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_236
続いて1-1Bチーム 洋菓子:クグロフ・フィナンシェ・ガトーフリュイ・スフレフロマージュ・抹茶プリン・ シュークリーム

和菓子:みたらし団子・栗饅頭

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_284 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_287 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_288 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_291 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_297
続いて1-2Aチーム 洋菓子:フィナンシェ・ブールドネージュ・ガトーショコラ・シュークリーム・ガトーフ リュイ・プリン

和菓子:みたらし団子・浮島

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_348 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_357 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_360 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_370 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_379
続いて1-2Bチーム 洋菓子:ラングシャ・ガレットブルトンヌ・ブリュレ・パンナコッタ・タルト オ シト ロン・ムース オ ショコラ

和菓子:わらびもち・最中

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_396 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_400 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_405 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_408 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_409
プロの先生方より、良いところ、改善点、多くのアドバイスをいただきました。

20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_322 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_411 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_413 20161109_%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%a8%e7%a7%91_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a73_414
ロイヤルパークホテル 松島 哲郎シェフ
京王プラザホテル 穐山 敏信 シェフ
パティスリーコトブキ 上村 希 シェフ
和菓子甘味処 山口家 江口 方弘 先生

大変お忙しい中、パティシエ科1年生のためにご協力いただき、誠にありがとうございました

この経験を活かして、次のスクールカフェⅣをより良いものにしていきましょう
 

 

 

 

【先生ブログ⑰】「マジパン細工」の著者、米山巌先生から学べる細工実習

作成日:2016年11月14日 カテゴリー:授業・実習

こんにちは

パティシエ科 堀尾です。

現在はスイーツ専科(現パティシエ技術専攻科)の製菓実習とパティシエ科2年生の細工菓子の実習を担当しています。

今回は私が担当している細工の実習はどんな実習なのか、お伝えしますね

 

細工の実習は2年生になると始まります

1年生の時から楽しみにしていた学生も多いはず

日数は週1回で前期、後期と15日づつです。

まず最初の授業は「マジパン細工」から始まります。

img_0961

 

 

 

 

 

 

マジパン細工の初日は「バラ」を作りました。

写真は学生が作ったものです!

初めてにしては上手に出来てますね。

教えてくださる講師の先生は米山先生です。

fullsizerender
米山先生はマジパン細工の本も出していて

過去にはジャパンケーキショーでもグランプリを取った経験をお持ちの先生なんです!

 

次の週は「動物」。今度は先生の作品です。

img_0672 img_0674
さらに3回目の実習では、「人物」。

img_0366
米山先生の作るマジパンはとてもかわいいです。

「コンテストの時は作品をみて誰が作ったかわかるぐらい

自分の個性が出てくると賞に入りやすいよ」なんて話も聞けちゃいますよ。

 

 

 

 

 

そしてマジパン細工の締めくくりはコンテストと同じサイズで作品を作ります!

みんな上手に、感性豊かな作品が出来ましたよ。

img_0736img_1211img_1196
マジパンが終ると今度は「チョコレート細工」です。

皆真剣に温度計とにらめっこしています。

チョコレート細工のスタートは毎日、チョコレートの温度調節でつやのあるチョコレートにする為の作業「テンパリング」のから始まります。

最初は皆かなり苦戦していました。

何度も繰り返し練習して習得する技術でパティシエには身につけておくべき技術の一つになります。

色々なパーツの作り方を学び、最後に接着してオブジェのようなチョコレート細工が完成です。

img_0766
前期の最後は「パスティヤージュ細工」

お砂糖とゼラチンで作った粘土のようなものをのばしたり型で抜いたりして乾燥させると

石膏のように固まります。それを接着すると・・・・・・。

img_0847
こんな感じに「教会」を作ってみました。

天使のお人形ものってますね。

 

後期からは「あめ細工」の授業がいよいよ始まります。

アメの煮詰め方から着色引き方と基本から始まり

バラやお花、リボンと基本のパーツの作り方を学び、

img_0820
はい!完成~。

 

先週から2月の卒業制作に向け製作が始まりました。

卒業制作は企業様よりテーマを頂き

そのテーマに添ったアントルメとピエスモンテをグループで作製します!

細工の授業ではそのピエスモンテに前期から学んできた細工の技術を全てぶつけて頑張ってください!

 

さらっと流してしまいましたがアントルメとは元々は食事の最後に出す甘みのある生菓子のことで

現在はムースやババロアを流したホールケーキの通称です。

またピエスモンテとは高く積み重ねて作るディスプレイ用の装飾菓子のことです。

去年の卒業生の作品がこんな感じです。

img_9192
 

2年生達はグループに分れ、今一生懸命デザインを考えています。

みんな力を合わせて頑張って!!!!

 

それでは皆さん2月の卒業制作の様子はブログでお伝えします。

完成をお楽しみに~